椎間板ヘルニアによる腰痛|PLDDで椎間板ヘルニアを即日完治

病院

免疫沈降の手順と担体選択

横になる女性

雑多なタンパク質の中から目的のタンパクを検出したい時に、免疫沈降法を用いることで目的タンパクを検出することが可能です。より確実に検出するためには特殊抗体と目的タンパクの複合体とより効率的に結合する担体を選ぶことが大切になります。

More Detail

早期発見と不安のない治療

患者と看護師

日常生活において、がんという病気はよく耳に入ってくる病気となりました。食道がんにかかってしまった場合、様々な不安を感じるかと思います。担当医の方に不安に思うことを質問し治療法などに納得した上で自分に合った治療を受けましょう。

More Detail

最新の椎間板ヘルニア治療

腰を押さえる人

腰の痛みに悩んでいる方は少なからずいるかと思います。その腰の痛みの原因はもしかしたら椎間板ヘルニアかもしれません。椎間板ヘルニアとは背骨の腰部分にある骨と骨の隙間の軟骨で椎間板と呼ばれるものが突出してしまっているために起こるヘルニアです。突出した椎間板が神経を圧迫することで腰に痛みを感じさせるのです。近年のヘルニア治療法にPLDDと呼ばれる治療法があり、この治療法は従来の治療法と違って身体に与える負担が軽く、手術による傷などもほとんど残らないということでヘルニアの治療法の中では大きな期待を受けています。
PLDDには手術前の適切な診断が必要になります。なぜなら、この治療法には適応、不適応があり事前にそれを判断する必要があるのです。適応か不適合かの判断をするためには医師の経験と知識、技術などが必要になってきます。PLDDの手術ではどのような方法で治療を行うのでしょうか。その方法はレーザーによる組織蒸散といわれ、突出してしまった椎間板そのものに針を突き刺しそこからレーザーを照射することで椎間板内の組織を蒸散させ内部に空洞を作り出します。その結果、椎間板がその空洞を埋めるために萎縮し突出していた椎間板が通常の状態に戻るのです。背中から針を刺してレーザーを照射するだけの手術なので患者の身体に負担は殆どありませんが、適切なレーザーの強さや照射時間は手術を行なう医師の手腕に掛かっています。PDLLは従来の切開手術に比べ、安全性が飛躍的に向上しその日のうちに椎間板ヘルニアを治療することが可能です。しっかりとした技術のある医療機関を選び、辛い椎間板ヘルニアにお別れしましょう。

信頼できる内科医の特徴

病院内

城東区にお住まいの方で風邪をひいてしまった、インフルエンザかもしれないといった場合には総合病院か近所のクリニックの内科を受診されるかと思います。信頼できる内科医に診察を任せることで適切な診察結果を得られることでしょう。

More Detail