椎間板ヘルニアによる腰痛|PLDDで椎間板ヘルニアを即日完治

男女

早期発見と不安のない治療

患者と看護師

家族や友人などを食道がんで亡くされてしまった経験のある方は少なからずいるかと思います。食道がんは20年から30年程前までは治療が困難といわれ、発症してしまった場合の長期生存はほとんど望めませんでした。しかし、近年は医療技術も進み、食道がんの早期診断や手術方法、手術後の管理などの進歩により長期の生存も望めるようになりました。食道がんの多くは比較的に男性の方が多く、中でも高齢者での発見が多いようです。このがんの原因とされるのがタバコやアルコールといわれており、思い当たる点がある方は気を付けましょう。
もしも食道がんが発見されてしまった場合、様々な治療法の中で自分に合った治療法を選ぶことが大切です。治療法は病期によって変わってくるため、担当医に現在の病期を確認しましょう。自身が今、受けている治療法が病期に合っているかを知り医師からの診断や治療法に対して理解し納得した上で治療を始める必要があります。担当医のみの意見では心配といった場合では担当医以外の医師の意見を聞くことのできるセカンドオピニオンを行うことができ、セカンドオピニオンを行ないたい際には担当医に相談してみましょう。セカンドオピニオンを行うことは医師の間では一般的で、特に失礼にあたることは何もないので気軽に相談することができます。食道がんの治療には外科手術や放射線治療、抗がん剤治療、集学的治療、食堂内挿管法、一定の条件を満たすことができれば内視鏡で治療を完了させることも可能です。担当医に対して治療法や手術に関して患者が不安に感じたことは積極的に質問しましょう。