椎間板ヘルニアによる腰痛|PLDDで椎間板ヘルニアを即日完治

男女

免疫沈降の手順と担体選択

横になる女性

組織や細胞などから抽出した雑多なタンパク質の中から目的のタンパクを検出する方法に免疫沈降法と呼ばれる方法があります。この方法は目的とするタンパクに対し特異抗体を使用することでそれぞれが結合し複合体となりその複合体を更にProtein A SepharoseもしくはProtein G Sepharoseに結合させ、遠心によりそれを回収する方法です。
免疫沈降の手順としてまずは細胞の溶解を行ないます。この溶解を行う際には溶解バッファーにより溶解を行ない、次に雑多なタンパク質中にある目的のタンパクを認識する特殊抗体を加え、抗原抗体反応を起こさせます。抗原抗体反応が確認されたらそこへProtein A SepharoseもしくはProtein G Sepharoseを加え目的タンパクと特殊抗体の複合体に結合させ抗原抗体複合体にします。その後、遠心分離を行ない抗原抗体複合体の沈殿を回収し沈殿をバッファーにて洗浄します。抗原抗体複合体から目的タンパクを解離させるためにポリアクリルアミドゲル電気泳動用サンプルバッファー中でボイル遠心分離を行ない、その上清を回収し、ウェスタンブロッティングにて目的タンパクを検出することができます。目的タンパクと特殊抗体の複合体に結合させるProtein A SepharoseやProtein G Sepharoseにはそれぞれ目的タンパクの複合体によってそれらに結合するための相性があります。その相性を判断することでより確実に免疫沈降法での目的タンパクの検出の成功までの効率があがります。その相性を知るためにその抗体の動物種やサブクラスを把握しておくことが大切になるのです。免疫沈降法を行う際に抗体の動物種やサブクラスが把握できない場合、試薬の用意などが面倒になるかと思いますが両方の担体での混和を試し目的タンパクを検出することも可能でしょう。